archive

病気の種類

脳動静脈奇形を治療してくれるお医者さんなら|富永紳介

脳動脈瘤、脳動静脈奇形。
これらの病気の名前を聞いたことのある方はいらっしゃるでしょうか。
これらは脳にできる血管瘤で、発症した結果出る症状はよく似ているのですが、根本的に発生の仕方が異なる別の病気です。
どちらも脳内の血管が破裂の危険を持った塊、あるいはコブ状に膨れ上がる病気をさします。
脳動脈瘤は後天的要因で発生することの多い病気ですが、対して脳動静脈奇形は先天性の病気である点が双方の最初の差異と言えるでしょう。

主な症状

詳しくは別のページでお話しますが、これらの病気を発症すると、くも膜下出血や脳内出血の危険があります。
また、血管瘤の発生した部位によってはけいれんの発作を起こすこともあるそうです。
この血管瘤が破裂すると手足の麻痺などの後遺症を残す危険もあり、早期の発見と治療が望まれています。



動脈瘤とは

脳動脈瘤は、脳内の動脈の疾患です。
動脈壁が弱いなどの要因で動脈がコブ状に膨らみ、その大きさは数ミリの小さなものから30ミリほどのものまであるそうです。
破裂さえしなければ特に害はない病気ですが、何らかのきっかけでこれが破裂するとくも膜下出血、脳内出血と呼ばれる症状を起こします。
そのため、個人差はありますが発見次第早期の治療が求められることがほとんどです。


なぜ発症するか

この動脈瘤は、血管が分岐するところにできることが多いようです。
血管の分岐点をYの字に例えるとYの中心部分は常に強い血流にさらされることになります。
血管は弾力があるため、血流によって徐々に伸び、やがてその部分がコブ状に変化していくようです。

病院で下肢静脈瘤だと診断されてしまったのなら、こちらの下肢静脈瘤専門クリニックへお越しになることをオススメ致します!

category

  • カテゴリーなし